読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

g_song's blog

備忘録的な。@g_song2

恐ろしく久しぶりな

孤独のグルメの2巻が出ましたね。

孤独のグルメ2

孤独のグルメ2

なんでも18年?ぶりだとかなんとか。
それを思えば数ヶ月ブログの更新をしないぐらいは大したことじゃないですよね。
1巻はkindleで買ったんですけど2巻のkindle待ちするとだいぶかかるような気がしたので普通に本で買ってしまいました。

しかし最近はグルメマンガブームですよね。
おっさんやら美少女やら誰も彼もが食べてはリアクションする時代になってしまいました。
僕の中ではグルメマンガの歴史は「Oh my コンブ」「美味しんぼ」「クッキングパパ」あたりから始まり、その直後に「中華一番」が来てファミリー劇場か何かでやっていた「ミスター味っ子」に触れて、という平成生まれあるあるな流れですね。たぶん平成初期生まれにアンケートを取ったら86%ぐらいは同じ流れを踏んでいると思います。「コングルGood」はやや知名度ととして落ちる気がしますが40%ぐらいは触れているでしょう、たぶん。

今じゃ左翼漫画扱いされる「美味しんぼ」も初期は単に反体制漫画だったんじゃないか、むしろ局長が体制におもねるようになっているあたり丸くなっているのではないかとか、なぜ「Oh my コンブ」は秋元康が関わっているのかとか、「中華一番」の最後のチャーハン大して美味しくなさそうとか、グルメマンガは語るところが多いのであえて深追いはしませんが。


昨今は更に一捻り二捻りして「う」とか「ダンジョン飯」とか「ゴールデンカムイ」とか、やや「中華一番」「味の助」を思い出させる「食戟のソーマ」とか、どこに行くのかよくわからないです。

考えてみれば、3大欲求というわりには睡眠に関する漫画は少ないように思います。睡眠漫画。グルメマンガにエロスを感じるようにたぶん読むとお腹減るみたいな感じの睡眠漫画が来ますね、今後。睡眠姦漫画は世の中にはありますがたぶんそういう漫画を読んでも「よし、俺も寝るか!」とはならないでしょうし。

まあよくよく考えると読むと眠くなる漫画や小説や実用書や学術書は世の中にはあふれているので、あえて睡眠をテーマにした漫画を作る必要はないのかもしれません。


久しぶりの更新の割に取り留めのない内容ですが、もともとその程度の内容のブログでしたし書いている人間が変わっていないことが伝わるでしょうからこれでいいでしょうたぶんきっとおそらく。