読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

g_song's blog

備忘録的な。@g_song2

男女差別の根の深さ

子をなしまして、たまたま小児科産婦人科と関連する科で研修していることもあり、上司との話題に子育て関係の話が出ます。他の話題を出しづらいのもあるのかもしれませんけど。

そこでまあ自分がやっていることを話すと、概ね称賛を受けます。褒められて悪い気はしませんが、女性からも評価を受けるのは本当に不思議です。

 

そもそも男は出産を回避できているわけですし、それだけで相当楽をしているわけです。現在正常分娩・帝王切開に立ち会うたびに恐ろしさに慄いてしまいます。だからまあ多少の家事育児をしても相当男性側が得していると思います。だいたい職場の上司の女性陣は出産もやって育児もやって家事もやってるわけで、その足元にも及んでないのに評価されると、馬鹿にされてるのかな、とさえ感じます。

もっとも、おそらくは女性の上司も男性優位社会で生きていると、家事・育児に「協力的」というだけでなんか男としては偉い感じがしてしまうんでしょうね。実際には「協力的」ではなく「家族という共同体を運営する上ですべき義務を果たす」だけの話ですし、偉いどころか最低限だと思いますが。その最低限を自分が達成できているかは怪しいものですけど。

 

女性はすごいですよほんと。敬意を。